花井寺
由緒沿革 寺宝
金屏風六枚折
屏風金地絹六枚折風俗画 一双の内

筆工不詳(江戸時代)

釈迦三尊画像 三幅対(しゃかさんぞん)
釈迦三尊画像(三幅対)

極彩色絹表装掛物 伝兆殿司筆
吉山明兆は、画法を李竜眠に学び、仏画師として有名で東福寺の殿司の役についていたことより、兆殿司と呼ばれた。
永享四年(1431)8月20日寂 世寿80才


韋駄尊天立像(いだそんてん)
韋駄尊天立像

市重要文化財
寄木造玉眼(室町時代)

毘沙門天立像(びしゃもんてん)
毘沙門天立像

市重要文化財
寄木造玉眼(鎌倉時代)


伝衣(でんえ)
伝衣

竹布廿五条衣(象牙環紐付)
当山法祖 東厳文菊大和尚 着用

孝謙天皇勅願百万塔(ひゃくまんとう)
孝謙天皇勅願百万塔

市重要文化財
塔中に無垢浄光陀羅尼一巻を納め、世界最古の印刷物として有名(奈良時代)


永平寺開山 道元禅師御真筆 金剛経(えいへいじかいさん どうげんぜんじ こんごうきょう)
永平寺開山 道元禅師御真筆金剛経

市重要文化財
仮名書金泥粘帳本
(鎌倉時代)

朱印状(しゅいんじょう)
朱印状

市重要文化財
今川義元公
弘治二年四月二十八日


御朱印函(ごしゅいんばこ)
御朱印函

徳川幕府の朱印状を納める為の函。
将軍代替り毎に「朱印状」を持参し、新将軍のものと交換してもらうことになっておりました。

雪舟「鷹図」(せっしゅう たかず)
雪舟「鷹図」

賛は勅賜仏日金蓮禅師


十六羅漢尊像(じゅうろくらかんさま)
韋駄天厨子

十三世様の勧請