花井寺
由緒沿革 千年の歴史
はじめに

 当山は今を去る一千年の昔、三河国司大江定基公の室「花井媛」が霊泉涌き出て、四季の花咲く此の地に「地藏尊」を奉じて菴を結ばれことに始まります。 媛逝去後も、この地藏菴は里人のよりどころ、また病気平癒の霊験あらたかな泉の地として、護持されてまいりました。

真言宗時代

 久安4年(1148)、八名郡吉祥山今水寺の慶寛法印様が来住、堂宇を興し「龍源院」と号す真言宗の道場とされました。爾来三百五十年にわたり隆盛を誇りましたが 、文安5年(1488)大火災をおこし、全山焼亡してしまいました。その灰を捨てた所が小山をなし、時の人はこれを「灰野塚」と呼んだといわれ、もって往時の繁栄の様子が偲ばれます。

褝院の開闢 褝院の開闢

 応永年間(1394-1428)には、永平寺開山道元禅師様五代の孫、華藏義曇禅師が末山し、留錫、曹洞禅を此の地へ伝えられ、大永4年(1524)に至って京都より辨鏡長老が随徒十二員と共に入寺、華藏禅師の旧蹟をおこし、禅宗寺院として新たな歴史を刻むこととなりました。
 この随徒十二員のうち、浄水勧清座元は上野城主酒井将監忠尚公の帰依を受け、天文15年(1546)、伽藍を新建、龍源院を改め「花井寺」と号し、尾張より東厳文菊大和尚を迎え、また虎山文竜は塔頭「香林軒」を開基され、ここに当山は名実ともに曹洞宗寺院としての歩を踏みだしました。


花井寺の興隆 花井寺の興隆

 東巌様は師の妙厳五世竹雄受貞大和尚様を勧請されると共に、延命、明全、正岡、医王寺を開創されるなど、当山の寺基を固められ、三世様は、牛久保城幕営中の徳川家康公の帰依を受け、四世様は光福、蓮華、金像、東昌寺を開山され、また家康公が慶長8年(1603)に江戸幕府を開かれると同時に、伏見城にて「御朱印状」を受けられました。これは最初期の御朱印地認定であり、もって帰依の深さが知られます。
 こうして当山は、花井渓の地に、坐禅堂、衆寮を備えた修行道場として繁興の一途をたどり、また近隣の人々の帰依を受けて門末二十五ヵ寺を開き、更には吉良・神吉・古川新田を拓くなどの社会事業をも興す、当地屈指の大寺へと成長いたしました。


今再び 今再び

 しかしながら江戸期においても、台風・地震・火災などによる苦難の時代の時があったことを忘れてはなりませんし、近代においても、明治期の混乱、昭和期の農地解放等により、一切の寺産を失い疲弊の鈍底に落ちたこともあります。しかしその都度、歴代住職の願心、法類末山の合力、そして檀信徒の浄信心に支えられ幾多の危難を乗り越えてまいりました。
 そして平成4年には、檀信徒一千一百戸力をあわせ、信仰の結晶である「本堂」の修復を立派に成し遂げ、更には、開創一千年を記念した開山堂玄関を新築するなど悠久千年の歴史に新たなる一頁を加え、次なる二十一世紀に、法燈を輝かさんとしております。