花井寺
由緒沿革 永平寺と花井寺

当山は、曹洞宗の有力寺院として、大本山永平寺の護持には代々心を傾けてきました。
永平寺内で皆様の眼にふれるものとしては、下記があります。

水盤(すいばん)
水盤

吉祥閣建立協讃奉納

香炉(こうろ)
香炉

吉祥閣入口
永平寺の二代様の750回忌記念奉納


無盡燈(むじんとう)
無盡燈

六十五世寿硯黙堂禅師の進院記念奉納
(勅賜門前)

常夜燈一対 祠堂殿(じょうやとういっつい しどうでん)
常夜燈一対(祠堂殿)

檀信徒納骨堂奥院


寂光苑無縫燈(じゃっこうえんむほうとう)
寂光苑無縫燈

僧侶の納骨塔(華瓶に花井法猷九拝とある)

大鏧子台 祠堂殿(だいけいすだい しどうでん)
大鏧子台(祠堂殿)

二祖国師七百回大遠忌奉納